【くまのてブログ~高い志の下に身体を紐解きます~】:臨界点

 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

臨界点

臨界点

液体と蒸気との共存状態がなくなって連続的に変化するようになる点。

革新的なアイディアが広まり過去の常識が覆される瞬間。



1980年代のゼンメンワイス氏の褥産熱の予防法

産婦の死が手に着く病原菌だとしていたゼンメンワイス氏

産婦の死が細胞や臓器に問題があるとしたウィルヒョー氏

ゼンメンワイス氏の話が評価されず広まらなかった当時。

消毒法の発見までゼンメンワイス氏の予防法は世間に広まらなかった。


脚気

1880年代脚気が軍を苦しめていた当時

海軍の高木氏が脚気の原因は栄養障害だとし食事を変え、脚気を防いでいた。

陸軍の軍医は脚気の原因は細菌だと主張していた

日露戦争での脚気の発症者数は

陸軍21万人死者数2万8000人

海軍は0人


まだほんの100年ちょっと前の話。

専門家だから全て知っているはずだと思う事はあまりにも危ない。


今信じている事が覆る瞬間。

本当に自信をもって今の行動が正しいと言えるだろうか。


多くの治療法がある中で、おそらく何が正しいかという事はないと思う。
その患者さんをどこまで治してあげられるのか。
治療に自信をもって日々の痛みに挑んでいますが、対症療法と原因療法、両方が必要であり、
その先には、決まって正しいものが待っていると思っています。
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MANU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。