【くまのてブログ~高い志の下に身体を紐解きます~】:講習会へ!

 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
留学  ←留学 【--年--月】の更新記事一覧 →ストレッチ vol1  ストレッチ vol1
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

講習会へ!

講習会へ!

昨日はお世話になっているサンメディカルさんの講習会へ参加させてもらいました。

サンメディカルさんはスタッフみなさん治療に対してあつい方が多いので、くまのてにとって、とてもありがたい存在です。


あまり東京に行く事もないですし、あまりランチで外食もしないので、講習前に東京でランチでもしようかと思いカレー屋さんへ!!


ダバインディア
daba.jpg

なかなか辛くてスパイーシーでした。
インド料理屋さんというと大抵のお店がインド人の方が働いている印象があるのですが、ここは珍しく日本人スタッフが多い!




講習会は下肢の外傷の治療法についてです。

自分が講習会に行く時心掛けていることは

なるべくピシッとした格好で行く事

実技のベッドの近くに座る

質問をする



学生の時は考えられなかったですね。

絶対席は一番後ろで質問しても無駄だと思ってましたから^^


ピシッとした格好でいくのは、教えもあるのですが、こういう時でしか着ることがあまりないので気を張る意味でもなるべくスーツで行くようにしています。

席は近い方がよく見えるので、タダの講習会ではないので、得られるものは多い方がいいですよね。

質問をするのは、自分の考えを整理するのと、あまり話を聞く機会に今現状にないのもひとつ。



ありがたい話を聞くことが出来ました。

共感できる部分も、そこは違うって部分があって、自分の治療に繋がっていくんだと思います。


捻挫は固定をしないで治すということをいってました。

基本的には、自分も固定はしないです。

絶対復帰も早いし予後もいいので。

自分の考えは1腫れ2可動域3痛み

腫れを引かせて、痛みを取るように可動域を広げていけば、痛みは取り除いてやることは可能なはずです。

講師のかたはまず痛みの除去という考え方でした。

どんな腫れた捻挫でも1週間くらいで復帰させてあげてあげれるんじゃないかと、そこまで治療は向上できると日々早期復帰の方法を思考錯誤。

外傷の方が多く集まる接骨院を目指して、日々勉強!
関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
留学  ←留学 【2011年07月】の更新記事一覧 →ストレッチ vol1  ストレッチ vol1
 

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MANU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。