【くまのてブログ~高い志の下に身体を紐解きます~】:肌のケア(ワセリン)

 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

肌のケア(ワセリン)

肌のケア(ワセリン)

化粧水・シャンプー・リンス・スキンケア

多くありますけど、使ってるものが、必ず安全なものかどうかって自信ありますか?

人の皮膚は敏感な肌の人ではなければ、多少刺激のある薬品が入っていたってどうってことないんです。

ただ、その皮膚がめくれた状態。傷になっている場所はとても敏感になります。


指先に傷があってシャンプーをしたら、痛かった。顔に赤みがあり、しみた。シャンプーが目に入り、めちゃくちゃ痛かった。洗剤で手が荒れる。シャンプで手が荒れる(美容師とか)


日常的に使っていると荒れてくるのは、皮膚の免疫機能が壊されているから。


通常の皮膚では、刺激を感じないけれど、皮膚で守られていない部分では刺激を感じてしまう。


弱刺激とか弱酸性とか赤ちゃんにやさしいとか・・


まず、それが本当に刺激がないものなのか調べてほしい。

調べ方は簡単。傷口を作ってそこに垂らすだけ('_')

もしくは、粘着力のあるテープを肌につけ、おもいっきり引っ張る。そうすると、皮膚の機能がなくなるのでそこに垂らす。

おすすめはしないけど、目に入れる(そんなことしないでね)


日頃からよく使う化粧水・シャンプー・リンス・石鹸の裏のラベルを気にしてみて頂きたい。

わけわからんもんいっぱい入ってるから・・


多くの商品日に日に増えているけど、どこに向ってるんだかわけわからん。


シンプルイズベスト


《サンホワイトP-1》

ワセリンです。皮膚の保湿・保護


くまのて接骨院で購入可能となりました。

ワセリンについては、また改めてご説明を!

50gチューブタイプ 1000円(税込)

400g箱タイプ   3000円(税込)

注文可能です。

詳細はお問い合わせください!!

くまのて





関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MANU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。